ルテインの質

ルテインとは?ルテインの質について

ルテインはカロチノイドの一種で、目の健康を手助けしてくれる注目の栄養素です。目の健康の為に作られたサプリメントには必ずと言っていいほど配合されています。

 

ルテインは元々、人の体内にも存在しています。アメリカのハーバード大学の研究で、目の黄斑部や水晶体にある事が確認されました。

 

ルテインとは?ルテインの質について

 

 

 

 

黄斑部には光の受容体があり、光を知覚しています。水晶体は目のレンズの役割を担っています。この重要な2つの器官を光による細胞の酸化から守っているのがルテインです。

 

ルテインは目以外に肌・乳房・子宮頚部にも存在しています。しかし、体内で新たに作られる事は無く、加齢と共に減って行きます。特に活性酵素の飽和によって40歳前後から減少する傾向があるので、40歳を過ぎたら食事やサプリメントで摂取する事が必要です。

 

ルテインとは?ルテインの質について

 

ルテインの種類

 

ルテインには「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」の2種類があります。

 

フリー体ルテイン

体内に存在するルテインと同一の精製ルテインです。摂取するとそのまま体内に吸収されます。

 

ルテインとは?ルテインの質について

 

 

ルテインエステル

フリー体ルテインに脂肪酸が結合しています。摂取すると消化酵素の力によって脂肪酸が取り除かれ、そのフリー体ルテインだけ吸収されます。

 

ルテインとは?ルテインの質について

 

詳細はこちらオリザ油化株式会社

天然か合成か

更にルテインは天然のものと合成のものがあります。

 

天然のルテインはマリーゴールドから抽出されています。
マリーゴールドはルテインの含有率が高く、農薬の害が無い安全な原料です。

 

ルテインとは?ルテインの質について

 

一方、合成のルテインは石油を原料に科学的に合成して作られています。その為、目のかゆみ・腫れ・咳・喘息・胸焼けなど様々な副作用が報告されています。また、喫煙者が摂取すると肺ガンのリスクも高まるそうです。

 

推奨されるルテインの1日の摂取量6〜10mgですが、厚生労働省基礎研究班の報告によると、毎日35mgのルテインを1週間摂取し続けても問題は無いそうです。

 

しかし、これは天然のルテインの場合で、合成のルテインを過剰摂取するとやはり体に負担がかかります。

 

サプリメントなら食事よりも簡単にルテインを摂取する事が出来ます。しかし、ただルテインが含まれているから良いという訳ではなく、マリーゴールド抽出の天然のルテインが配合されているものを選びましょう。

緑内障予防・改善に最適なサプリメント!

ルテインとは?ルテインの質について

めなりの詳細はコチラ