アントシアニンとルテインの量

サプリのチェックポイント1・アントシアニンとルテインの量

アントシアニンとルテインの量

共に目に良い成分と言われているアントシアニンとルテイン。その目への効果を実感出来る1日の摂取量の基準アントシアニン43〜90mgルテイン6mgです。

 

一般的に目に良いとされているサプリの中で、この基準を満たしているのはさくらの森 めなり」だけです。商品ごとに特徴があるので一概には言えませんが、この基準値かなりハードルが高いんですね。

 

 

アントシアニンとルテインの相乗効果

アントシアニンとルテインを同時に摂取すると、2つの側面からより高い効果を得る事が出来ます。

 

アントシアニンがルテインを運ぶ

アントシアニンは血流に乗って血管の隅々まで走る流通経路の様な役割を果たします。不足した部分にスムーズにルテインを運び、ルテインがパワーを発揮するのを手助けするのです。

 

アントシアニンと同時に摂取する事で、ルテインの吸収率は倍近くにまでアップします。

 

2つの面から目にアプローチ

アントシアニンとルテインは目への作用が異なります。人の体内で酸化ストレスが作られると、目の視野が狭くなり、緑内障に繋がります。

 

これは酸化ストレスが網膜の細胞を攻撃し、細胞が死んでしまう事で起こります。アントシアニンを摂取すると、網膜の細胞が酸化ストレスから身を守るのを手助けしてくれます。

 

 

一方、ルテインは高い眼圧を大幅に下げる効果が期待できるとされています。
目の組織に入り込み、優れた抗酸化作用で網膜や視神経を若返らせる働きを助け、目の新陳代謝を活発にしている働きが期待できます。

 

ルテイン網膜や視神経の組織を活性化し、新陳代謝(古いものと新しいものの入れ替わり)を活発にするのではないかと考えられています。それが、房水の分泌と排出の異常を改善し、眼圧を下げる効果につながっているということです。

 

アントシアニンとルテインがそれぞれ違った側面から目の健康にアプローチし、より高い効果を得られるという訳です。

緑内障予防・改善に最適なサプリメント!

アントシアニンとルテインの量

めなりの詳細はコチラ