チモロール+ドルザラミド(コソプト) 緑内障

チモロール+ドルザラミド(コソプト)

チモロール+ドルザラミド(コソプト)

眼圧を下げる目薬で、緑内障や高眼圧症の治療に使用されます。

チモロール(チモプトール)というβ遮断薬とという炭酸脱水酵素阻害薬ドルゾラミド(トルソプト)2種類の有効成分が配合されています。
作用の異なる2種類の成分で眼圧を下げます。原因療法薬ではないので、治療期間は長期的になりますが、継続的に眼圧をコントロールするために点眼を続けることが必要です。

 

 

作用

  • チモロール+ドルザラミド(コソプト)は異なる2つの有効成分が配合されている為、2つの作用を持ち合わせています。
    チモロール(チモプトール):プロスタグランジン関連薬

     

    毛様体にあるβ受容体を遮断し、房水の産生を抑制する
    ドルゾラミド(トルソプト):β遮断薬
    毛様体に存在する炭酸脱水酵素Uを特異的に阻害して、炭酸水素イオンの形成を遅らせて、ナトリウムの液輸送を低下させて房水の産生を抑制する

使用方法

  1. 1回1滴、1日2回点眼。
  2. 用法用量は症状によって異なりますので、医師の指示を必ず守ってください。

 

点眼の仕方

  1. できるだけ仰向けで点眼をしましょう。清潔な手で下まぶたをひいて、容器の先が触れないようにしましょう。(薬液汚染防止のため)
  2. 点眼後にゆっくりと目を閉じます。瞬きをしないで、1〜5分閉じたままにします。

    目頭を指で押さえると、薬液が口や鼻に回らず苦しくありません。また、全身性の副作用予防にもなります。


  3.   
  4. 皮膚かぶれを予防するため、あふれた点眼液はすぐにふき取りましょう。

※点眼後一時的に物がかすんで見えることがあります。回復するまでは危険な機械類の操作や車の運転は避けましょう。

副作用

  • 使用直後
  • 刺激症状(しみる、痛みなど)、充血、かゆみ、かすみ目

  • 長期使用
  • まぶたの腫れ、目の乾燥感、角膜障

    頭痛、めまい、動悸、徐脈、低血圧

  • 重い副作用
  • 眼類天疱瘡(目のひどい充血、腫れ、強い痛み)

    喘息発作の誘発

    心不全、心ブロック、高度な徐脈

    重症な皮膚・粘膜障害(発疹、水膨れ、うみ、皮がむける、全身倦怠感など)

注意事項

以下の方は使用前に医師に相談しましょう。

  • 持病アレルギーがある方で、他の薬を服用中の方は使用前にお医者さんや薬剤師に相談しましょう。
  • 微量でも体内に吸収されると喘息を誘発するなどの悪影響を及ぼす可能性があるので、喘息や気管支系の持病がある方は先にお医者さんに相談し、慎重に使用しましょう。
  • 妊娠中授乳中安全性は認められていません。事前にお医者さんによく相談してください。
  • 子どもの使用の安全性も認められていません。
緑内障予防・改善に最適なサプリメント!

チモロール+ドルザラミド(コソプト)

めなりの詳細はコチラ