緑内障 運動

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

 

目の病気である緑内障。一見、運動とは無関係な様ですが、実はとても深い関係があります。

 

運動が緑内障予防に良いとされる理由は主に2つです。

 

その理由別にご紹介して行きます。

 

 

眼圧を下げよう

体を動かして運動する事によって、眼圧が下がると言われています。日常生活で適度な運動をして眼圧の上昇を防ぎ、正常な眼圧を保ちましょう。

 

特にウォーキングやランニングなどの有酸素運動を続けると、眼圧を下げる効果があります。緑内障の1番の原因である眼圧の上昇を防げば、緑内障の発症や進行を防止する事が出来ます。

 

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

 

ただ、普段運動をしていない人が急に激しい運動を始めると、体は大きなストレスを感じます。ストレスも緑内障の大敵なので、まずは毎日数分のウォーキングやランニングから始めましょう。

 

運動する事自体がストレスにならない様、体をリフレッシュさせるつもりで行いましょう。

血行不良の改善

 

適度な運動をすると全身の血行不良が改善します。血行不良は眼精疲労に繋がり、逆に血行が改善されると眼精疲労が解消されます。

 

現代はIT社会とも言われている様に、パソコンやスマホの使用で目を酷使する機会が多いです。表立った症状が無くても知らないうちに目に疲れが溜まり、慢性的な眼精疲労になってしまうケースもあります。

 

眼精疲労は目の周りの血行不良も引き起こします。全身の血行不良によって眼精疲労になり、眼精疲労で目の血行が悪くなるという悪い繋がりです。

 

眼精疲労から来る目の血行不良によって視神経がダメージを受け、緑内障が発症・進行してしまうケースもあります。

 

それを防ぐには眼精疲労を溜めず、目の周りの血行を良くする事です。その為に全身の血行も良くして、眼精疲労の原因から取り除きましょう。

 

ウォーキングやランニングはもちろん、ストレッチやヨガも血行不良を改善してくれます。

緑内障予防にオススメの運動

眼圧を下げる効果があるのは有酸素運動です。定番なのはウォーキングやランニングですが、他にも色々種類があります。

 

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

 

この中で1番オススメしたい有酸素運動がウォーキングです。

 

緑内障の患者さんや予備軍は老若男女幅広いです。

 

しかし、お年寄りはあまり激しい運動が出来ませんし、若い人でも忙しくて運動する時間が取れなかったりします。ウォーキングならお年寄りでも買い物やお散歩がてら出来ますし、働いている人も会社帰りに家の最寄り駅の何駅か前で降りて歩くなど、気軽に取り組む事が出来ます。

 

緑内障は確固たる治療法が無いのが現状です。

 

発症・進行を防ぐ為には出来る限り長い間、眼圧を下げ続けなければいけません。その為の運動をキツイからとすぐやめてしまっては意味が無いので、無理なく続けられるウォーキングをオススメします。

 

また、血行不良の改善に効果があるストレッチとヨガ。特にオススメなのがストレッチです。

 

どちらも道具や時間を選ばず出来るという共通点があり、体を伸ばしたり捻ったりするのも同じです。でも、ヨガと聞くとちょっと専門的な響きがしますし、あぐらをかいたりちょっと人前ではやりにくいポーズもあります。

 

その点、ストレッチなら誰かに習う必要も無いですし、場所も選びません。

 

それこそ会社の休憩室や家族と過ごしている居間でも気兼ねなく行えます。こちらもやはり続ける事が大事ですから、場所を選ばず少しの空き時間でも出来るのが大きなポイントだと思います。

 

以下は1番オススメの目の疲れがスッキリする上半身のストレッチです。上半身だけなので会社のデスクやコタツで温まっている時など、気が付いた時にすぐ行えます。

 

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

まとめ

いかがでしたか?

 

体力や時間の問題から運動に抵抗がある人でも、ウォーキングやストレッチなら簡単に取り組む事が出来ますよね。

 

また、運動する事で睡眠不足を解消したりストレスを発散する事が出来れば、間接的な緑内障予防にもなります。普段の生活に運動を上手に取り入れて、緑内障の発症・進行を予防しましょう。

緑内障予防・改善に最適なサプリメント!

運動して眼圧を下げる!眼圧上昇を防ぎ緑内障予防する

めなりの詳細はコチラ