ブナジソン 緑内障

ブナジソン

ブナジソン(デタントール)

α1受容体を遮断するα1遮断薬です。2001年、緑内障の治療薬として発売されました。

 

α1遮断薬は他の点眼薬に比べて副作用が少ないですが、その分あまり強い効果は出ません。
その為、緑内障や高眼圧症の治療において、他の点眼薬が副作用で使えなかったり、効果が不十分な場合に使用されます。

 

 

 

 

作用

  • 有効成分のデタントールがα1受容体を選択的に遮断し、ぶどう膜強膜流出路からの房水の流出を促進して眼圧を下げます。

ブナジソン,緑内障,効果

使用方法

  1. 1日2回、1滴ずつ点眼します。
    点眼し忘れた場合気づいた時にすればOKですが、次の点眼時間が近い場合忘れた分を抜かし次回より通常通り点眼して下さい。
    1度に2滴点眼してはいけません。間違えて多く点眼してしまった場合は医師や薬剤師に相談して下さい。
  2. 医師の判断を仰がず、自分の判断で使用をやめてはいけません。
  3. 他の点眼薬を使う場合は5分以上間隔を空けましょう。
  4. 保管は乳幼児子供手が届かない所で行い、高温を避け、遮断袋に入れましょう。
  5. 残った薬は保管せず廃棄して下さい。

 

点眼の仕方

  1. 清潔な手で下まぶたを下に引き、容器の先がまぶたの縁やまつげ触れない様に注意しながら点眼します。
  2. 点眼後はゆっくり目を閉じ、まばたきせずに1分から5分ほど閉じたままにします。
  3. 溢れた点眼液清潔なガーゼやティッシュで拭き取りましょう。

副作用

  • 結膜充血
  • 目の異物感
  • 眼刺激感
  • 角膜上皮障害(眼痛、見えにくい、目の異物感)
  • まぶたのただれ
  • かすみ目
注意事項

以下の方は使用前に医師に相談しましょう。

  • 薬でかゆみや発疹などのアレルギーが出た事がある
  • コンタクトレンズを使っている
  • 他の薬を使っている

また、妊婦さんは出来る限り使用を避け、どうしても使う場合も必要最小限に留めましょう。
授乳中も同じで、どうしても使う場合は授乳を避けて下さい。

 

乳幼児や子供に対する安全性も確立されていません。

 

緑内障予防・改善に最適なサプリメント!

ブナジソン(デタントール)

めなりの詳細はコチラ