緑内障 目薬 ルテイン アントシアニン

私は初期の緑内障と白内障を併発していると診断され、ラッキーでした。

緑内障という病気は発症して一度「視野欠損」になってしまったら元に戻りません。私は幸い初期の緑内障(急性緑内障発作)ということで下の写真程度です。それ以上の進行は防げています。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

緑内障は治らない病気ではありますが、緑内障をこれ以上悪化することを防ぐことはできます。逆に緑内障という診断が遅ければ、私は最悪失明していたかもしれないんですから、緑内障の方はこれ以上進行させない方法を講じることがとても大事であるといえます。

 

多くの場合、緑内障と診断されたら、眼科医から処方される点眼薬で緑内障の進行を止める治療をしていくことになります。しかし、そればかりに頼って自分は何も知らないというのはあまりに無責任ですよね。

 

受け身で緑内障を治療していくよりも、積極的に治療法を理解するというのはとても大切なことです。

 

そこで、緑内障の点眼薬、進行を防ぐ生活習慣、摂り入れるべき栄養などの進行をストップするための方法と、視野欠損した部分は元に戻らなくても今見える範囲で目の機能をアップする方法をご紹介していきます。

 

あなたの理解の一助となれば、幸いです。

私が緑内障と診断された経緯

私の場合、緑内障の症状はかなり前からありました。ドライアイが酷く、すぐに目がシパシパと乾く体質でした。雪が降り積もる季節になると雪の白さでも目が痛くなったりしましたし、その上近視でした。

 

仕事柄、運転することが多く、紫外線を浴びて目に負担がかかっていたこともあると思います。慢性的に目が痛いなぁと感じていました。

 

そんなある日、運転中に突然頭痛が発症したんです。普通の頭痛ではなく頭全体が何かに抑えられているようなズキンズキンした痛みでした。あまりの痛みに目があけられず、気持ち悪くて吐き気も起こり、相当の息苦しさもありました。

 

慢性的に頭痛はしていたんですが、さすがにこれは何かまずいことが体に起こっていると怖くなり、眼科に行くことにしたんです。

 

眼科に行って、まずは一通りの検査をすることにしました。視力、眼圧、涙の分泌、眼底写真、目の血管撮影を受けたんですが、数値自体はそこまで異常値ではなかったんです。しかし、眼底出血しているということで、瞳孔を開いた状態での視野検査を受けることになりました。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

この検査の結果、初期ではあるものの緑内障(急性緑内障発作)と白内障を併発していると診断を受けたんです。運転中の激しい頭痛は眼圧が急激に上昇したことが原因だったようです。

 

あとから聞いて私は本当に幸運だったと思ったのは、そのまま失明する方も珍しくないという話でした。

 

その後、治療法としてキサラタンを使用していたんですが、防腐剤が入っていることで眼球に細かい傷が無数についていました。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

これはまずいということで、そこから防腐剤が入っていないラタノプロストを使っています。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

緑内障の点眼薬を使うようになって頭痛は解消され、眼圧が下がっているようでした。これらのことから、私の場合は随分前から頭痛に悩まされていることを考えると眼圧上昇はそのころから起こっていたんだと感じています。

 

今はもう視野欠損した部分はどうにもなりませんが、逆にこの経験があったお蔭で目を大事にしなければという意識が強くなりましたし、私自身眼科医に処方されるだけではなく、積極的に緑内障を改善するための知識を学んでいます。

 

医師に処方された目薬で、逆に目に傷をつくる原因にもなりますし、処方されている目薬がどのようなものか、どういう副作用があるかは知っておく必要があります。

 

また、目の血管が細くならないようにストレッチをする、栄養を補給するなどのことも重要です。以下お伝えしていきますので参考にされてください。

緑内障の目薬について

緑内障と診断されたときにまず最初に処方されるのが、眼圧を下げる点眼薬です。あなたは眼科医が処方してくれる点眼薬がどういうものか理解しているでしょうか?

 

眼科医から処方されているからといって、その点眼薬に何の知識もないというのも問題があります。点眼薬は効果と共に副作用があるものがほとんどです。そして副作用が強いものもあります。

 

この副作用は人によって非常に強く出る場合と、何ともない場合がありますし、効果についても人によってまったく違うことが多いです。

 

自身が処方されている点眼薬がどういうものであるのか、参考程度にでも知っておくことは、いまいち効果がないとか、体に不調がでているなどの場合に対処しやすいので、参考にしてください。では以下説明していきます、

 

 

緑内障の点眼薬(目薬)は働き別に2つに分類されます。

 

房水の産生を抑えて眼圧を下げるタイプ

 

体を活発に活動させる働きを担っている交感神経を刺激することによって、房水の生成・分泌を抑えます。
詳しくはこちら

房水の排出を促して眼圧を下げるタイプ

 

体を沈静化させる副交感神経に作用する治療薬で、房水の排出を促します。
詳しくはこちら

 

緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ

 

※以下は種類、点眼薬名をクリックすると説明ページに移動します。

目薬種類 一般名(商品名) 効果 房水への作用 副作用
プロスタグランジン関連薬 ラタノプロスト(キサラタン)

トラボプロスト(トラバタンズ)

タフルプロスト(タプロス)

ビマトプロスト(ルミガン)

ウノプロストン(レスキュラ)
排出を促進
目への副作用:
  • まつ毛が増える
  • まぶたが黒ずむ
  • 上まぶたがへこむ
全身への副作用:
  • 重篤なものは少ない
α1遮断薬 ブナジソン(デタントール) 排出を促進
目への副作用:
  • 結膜充血
全身への副作用:
  • ほとんどない
副交感神経刺激薬 ピロカルピン(サンピロ) 排出を促進
目への副作用:
  • 暗くぼやける
  • 視力低下
全身への副作用:
  • 鼻水が出る
β遮断薬 チモロール(チモプトール)

カルテオロール(ミケラン)

レボブノロール(ミロル)

ベタキソロール(ベトプティック)

産生を抑える
目への副作用:
  • 刺激感
  • 目のかゆみ
全身への副作用:
(ぜんそくの人には使えない)
  • 除脈
  • ぜんそく発作
  • 心臓や気道への影響
炭酸脱水酵素阻害薬 ドルゾラミド(トルソプト)

ブリンゾラミド(エイゾプト)

産生を抑える
目への副作用:
  • 一時的な刺激感
  • かゆみ
  • 充血
全身への副作用:
  • 重篤なものは少ない
交感神経刺激薬 ジピベフリン(ピバレフリン) 産生を抑える
目への副作用:
  • 結膜アレルギー
  • 散瞳(さんどう)
全身への副作用:
  • 口の乾き
  • 鼻の乾燥感
αβ遮断薬 ニプラジロール(ハイパジール、ニプラノール) 排出を促進

産生を抑える

目への副作用:
  • 刺激感
  • 目のかゆみ
全身への副作用:
  • 除脈
  • ぜんそく発作
  • 心臓や気道への影響
α2遮断薬 アプラクロニジン(アイオピジンUD)

ブリモニジン(アイファガン)

排出を促進

産生を抑える

目への副作用:
  • 結膜蒼白
  • 散瞳
  • まぶたが上がる
  • 結膜炎
全身への副作用:
  • 口の乾き
  • 鼻の乾燥感
※合剤

プロスタグジンジン関連薬+β遮断薬

ラタノプロスト+チモノール(ザラカム)
トラボプロスト+トモロール(デュオトラバ)
排出を促進

産生を抑える

目への副作用:
  • 虹彩への色素沈着
  • まつ毛が増える
  • まぶたが黒ずむ
  • 刺激感
  • 目のかゆみ
全身への副作用:
  • 除脈
  • ぜんそく発作
  • 心臓や気道への影響
※合剤

β遮断薬+炭酸脱水酵素阻害薬

チモロール+ドルザラミド(コソプト) 産生を抑える
目への副作用:
  • 刺激感
  • 目のかゆみ
全身への副作用:
  • 除脈
  • ぜんそく発作
  • 心臓や気道への影響

 

点眼薬は1度に1滴差せば十分です。人によっては2滴3滴とさす方もいますが、効果はありません。1滴以外の量は周囲に流れ出たり、鼻を通じて全身に回ってしまいますので、むしろ副作用のためにやっているようなものなので、正しい目薬の差し方と、自分に合っているかどうか、副作用がきつくないか確信しておく必要があります。

 

ご自身が処方されている点眼薬がどのようなものかチェックしておきましょう。

緑内障は眼圧を下げる点眼薬だけでは進行を止められない場合があります。

実は日本人の40歳以上の20人に1人が緑内障と言われています。そして、一口に緑内障といってもその種類は多岐にあって、単なる眼圧を下げればその進行がストップするというものでもないんです。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

緑内障の種類とは?

 

 

私の場合は頭痛、吐き気などを生じる「急性緑内障発作」だったので、即座に眼圧を下げることは第一優先だったのは言うまでもないんですが、実は日本で一番多い緑内障は「正常眼圧緑内障」がもっとも多い(72%)と言われています。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

「正常眼圧緑内障」は、眼圧は正常なまま、だんだんと視神経に異常がおきるタイプの緑内障です。すなわち眼圧を下げても進行が止まらない緑内障ということになります。

 

そうなると、眼圧を下げる点眼薬以外にも生活習慣を見直すことや、緑内障悪化を防ぐために工夫が必要になってくるんです。これらを怠ると、著しい視力低下や、最悪失明といった事態を招くことになります。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

上記のように緑内障に対して何らかの対策をしないと、視力がどんどん落ちていきます。

 

厚生労働省の緑内障予防にも記載してある通り、眼圧低下の点眼液で治療しつつ、以下の5つのポイントに注意することをお勧めします。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ食事

目に良いとされるルテイン、アントシアニン、ビタミンなどの栄養成分を積極的に摂りましょう。加齢や生活習慣などで酸化が進むと緑内障の進行や発生率が進むといわれています。

 

詳しくはこちら

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ運動

体を動かすことにより、血流改善につながります。特に有酸素運動のようなウォーキングや軽めのジョギングなどはお勧めです。

 

 

詳しくはこちら

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ睡眠・休息

正常眼圧緑内障の原因はわかってはいませんが、睡眠不足がその一つとも言われています。

 

 

詳しくはこちら

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリストレス

ストレスは緑内障を悪化させることで知られています、なかなかわかっていてもストレス軽減は難しいですが、意識して解消することが必要です。

 

 

詳しくはこちら

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ禁煙

喫煙で血管収縮することがわかっています。当然、目の血液にも影響するので禁煙した方がいいです。

 

 

詳しくはこちら

 

これらを緑内障の眼圧を下げる治療と並行して行うことで、緑内障の進行を防ぐことにも、「正常眼圧緑内障」の予防にも繋がります。

 

ただ、こういったことは私のように失明の恐怖体験がないと、実際リアルに想像できないために、なかなか生活習慣として身に着けるのは難しいです。私自身もこれらを意識してはいますが、どうしても時間が過ぎると、危機管理が薄れていくものです。

 

特に、食べ物で目に良い成分を摂取しようとすると、その成分が目に効果が認められるというレベルまでは、日常食べる程度から補おうと思っても到底無理があります。

 

そこで、私は緑内障予防と、視野欠損してはいますが見えている部分の機能をアップする上で摂り入れているのが、ルテイン、アントシアニンのサプリメントです。

ルテイン、アントシアニンのサプリメントはどれも一緒ではない。

サプリメントといえば、誰もが気軽に必要な成分を摂取できるので服用したことはあると思います。

 

特に、緑内障の予防として効果があるのはルテイン、アントシアニンだと言われています。

 

以下、ルテイン、アントシアニンは緑内障に効果があるというエビテンス(臨床結果などの科学的根拠)があります。

カシス・ブルベリーから抽出されたアントシアニンは緑内障予防に有効とされている

札幌医科大学眼科学講座の大黒教授グループは『カシスアントシアニンの緑内障性視神経障害に対する効果』の臨床試験を実施。 この臨床実験により、アントシアニン摂取による「目の血流の増加」、「眼圧上昇の抑制」さらには「視野障害進行の軽減」が認められ、カシスが緑内障の進行を抑制するサプリメントとして有用なことが示唆されました。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

詳しくはこちら

 

 

ルテインも眼圧を低下させる作業があり、有効とされている

ルテインは網膜や視神経の組織を活性化し、新陳代謝(古いものと新しいものの入れ替わり)を活発にするのではないかと考えられています。それが、房水の分泌と排出の異常を改善し、眼圧を下げる効果につながっているということです。
詳しくはこちら

 

ルテイン、アントシアニン系の「目に良い」とされるサプリメントも数多くの種類が販売されています。私は「急性緑内障発作」を患い、その後、生活習慣を見なおし、必要な成分をサプリメントで補おうと考えた時に、薬剤師の方やサプリメントを扱うメーカーの方に事細かにサプリメントのことについて調べました。

 

以前、サプリメントの製造に近い仕事をしていたこともあって、販売会社によって成分や品質、体内に吸収される配合や相性があることを知ってましたので、単に売れているだけや、成分量が多いだけで選んではいけないということはわかっていました。

 

それを踏まえて、現在販売されている有名な目に良いとされるサプリメントは以下になります。

売れているルテイン・アントシアニン系サプリメント

さくらの森 ファンケル えがお やわた
めなり えんきん えがおブルーベリー 北の国から届いた
ブルーベリー
緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ
大正製薬 ルックルック リフレ みやび
大正ブルーベリー ルックルックベリー ブルーベリー&
ルテイン
ビルベリー
プレミアム
緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ
わかさ 
DHC
森下仁丹 
理研ビタミン 
ブルーベリーアイ 速攻ブルーベリー ブルーベリー クロセチンアイ
緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ 緑内障,目薬,ルテイン,アントシアニン,進行,サプリ

 

間違えてはいけないのは、売れているからとか、有名だから良いサプリメントということではないということです。

 

売る力はマーケティングなので、どれだけ凄いサプリメントなのかを伝える見せ方で売れていきますし、有名な商品は広告宣伝費に莫大なお金が必要です。大量生産、多売が主流なので、一概には言えませんが、安価な大量生産に適した成分や抽出方法を取っています。

 

ルテイン・アントシアニン系サプリメントに限らず、サプリメントはそういう視点で選ばないと、目に良いどころか、非常に粗悪な成分を体に摂り入れていることになるので、逆効果にもなりえます。

 

緑内障を患った私が、絶対外せないポイントとして押さえているのは以下ののポイントです。

 

アントシアニンと、ルテインの量

 

やはりアントシアニンとルテインが十分な量配合されてないと効果が不十分と言えます。誰もが気にする点ですが押さえておくべきポイントと言えます。またルテインはアントシアニンと同時に摂取することで吸収率は2倍近くにアップします。ルテインだけしか配合されていないサプリメントがありますが、アントシアニンとルテインは一緒に配合されていることが望ましいです。
詳しくはこちら

 

アントシアニンの質

 

実はアントシアニンには質があります。同じ量が配合されていても、ビルベリーエキスのミルトアルゴスという原料から抽出されるアントシアニンは実にそれ以外から抽出されるアントシアニンと比べて2倍の体内吸収率を誇ります。ただし、このミルトアルゴスから抽出するのは非常に難しくよほどのこだわりがないとミルトアルゴスは使いません。

 

このことは、「目の病気にルテインが効く!―黄斑変性症・白内障・緑内障 臨床データ150名の改善報告」というハーバード大学で研究していた葉山 隆一氏の著書にも記載されています。
詳しくはこちら

ルテインの質 天然かどうか?

 

ルテインにも質があります。量産型のサプリメントメーカーは石油から作られるルテインを使っていますが、それらは半分ぐらいはルテインではないのです。天然(マリーゴールドなど)のルテインエステルを使っているかというところもポイントだったりします。

 

詳しくはこちら

ゼアキサンチンが配合されてるかどうか?

 

ルテインはそれ単体では体内で働きません。「ゼアキサンチン」は体の中で「ルテイン」とともに働く異性体となっています。目に良いとされるサプリメントでは、このゼアキサンチンが配合されてない場合も多いのでチェックしておく必要があります。

 

詳しくはこちら

コスパ

 

高品質であっても、毎日継続できないほど高価だと続きません。やはり継続しやすい値段帯が理想です。

 

 

 

 

上記に加味して、サプリメントを服用するのに重要な安全性という項目もあります。しかし、上記に挙げたサプリメントで言えば、すべて日本で製造されているサプリメントであり、GMP取得国内工場で生産されているので、項目としては除外していいでしょう。上記以外のサプリメントを選ぶ場合は、粗悪な環境下で製造しているサプリメントもあるのでチェックしておくにこしたことはないです。

 

以上、までのポイントを考慮した上で比較すると以下のようになりました。

 

売れている緑内障予防に効果ありとされるサプリメント比較

※クリックすると大きくなります。

 

上記の売れているサプリメントについては、はほぼクリアしてるものがほとんです。アントシアニンは吸収率を考えるとビルベリーから抽出していますし、ルテインの質についても石油から作られるものではなく、マリーゴールドから抽出しているものが主流でした。

 

さすがに売れ筋のものについては、この辺はしっかり押さえていますね。

 

問題はアントシアニンと、ルテインの量ゼアキサンチンが配合されてるかどうか?です。このポイントをクリアしているもので、コスパを考えるという順番になります。

 

特にルテインはアントシアニンと一緒に摂取することで、吸収率が1.7倍ほどになりますので、ルテインのみ配合されているサプリメントを摂取するよりも、アントシアニンとルテインがバランスよく配合されているものを選ぶのは基本と言えます。

 

そうして見てみると、「さくらの森 めなり」「リフレ ブルーベリー&ルテイン」「みやび ビルベリープレミアム」「大正製薬 大正ブルーベリー」あたりがバランスが良いです。1つ注意したいのは、商品によってビルベリーエキスの量だけが表示されているものがありますが、正確にはビルベリーエキスの中に25〜37%ほどアントシアニンの成分が含まれているので、抽出した量を正確に見ないといけません。

 

上記の比較表は抽出したアントシアニンの量を実際に問い合わせて記載していますので正確な数字になっています。

 

 

そして、もうひとつ大事なのは、ゼアキサンチンが配合されてるかどうか?です。こうなると、なぜか「めなり」だけしかゼアキサンチンが配合されてませんでした。

 

比較だけで見ると、最もバランスの取れたサプリメントは「めなり」ということになります。またその上でコスパを見ても、「めなり」は定期購入こそ1日コストで99円になるものの、初回は1日30円で試せるので、高品質な割に、値段もお手頃という結果になりました。

 

 

以上を踏まえて、比較表の上位4つのサプリメントを実際に購入して飲み比べしてみました。

 

さくらの森 めなり

リフレ ブルーベリー&ルテイン

みやび ビルベリープレミアム

大正製薬 大正ブルーベリー

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

その結果、私が良い感じたサプリメントは以下になりました。

実際に目の回復に効果があったサプリメントはこちら

さくらの森 めなり

みやび ビルベリープレミアム

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

緑内障の予防に効果があるアントシアニン・ルテインが豊富に配合されていて、尚且つルテインと共に摂取しないといけないゼアキサンチンが唯一5:1で配合されている「めなり」は目の働きに効果があるとされるサプリメントの中ではすべてにおいて非の打ちどころがないサプリメントといって過言ではないです。

 

これより良いサプリメントはまだありますが、サプリメントは継続できて意味があります。高品質のものを盛り込もうと思うと値段が跳ね上がります。その点「めなり」はこの高水準で1日あたり30円と安価に抑えてあるのも魅力です。また返金保障が15日ついているのも魅力ですね。

 

実際に服用していて次の日からすぐに効果を実感でき、いつもはパソコンの光で目がしょぼしょぼになるのですが、長時間見続けても以前よりずいぶん楽な感じがしています。

「みやびのビルベリープレミアム」もアントシアニン・ルテインのバランスがよく、「めなり」ほどではないですが、非常に高い水準でまとまっているサプリメントでした。初回こそ「めなり」よりは1日当たりのコストは高くなりますが、定期購入となると、「めなり」より安価に購入することができます。

 

また、「みやびのビルベリープレミアム」はビルベリーだけではなく、アサイ―ベリー、ラズベリー、クランベリーからもアントシアニンを抽出しているため、ビルベリーで効果を感じられない人は違ったアプローチとなりますし、メグスリノキも配合されていますので総合的な効果は期待できそうです。

 

特に4つのサプリメントを服用していて、「めなり」とはまた違った爽快感を感じられたので「めなり」と相性が悪いと感じる方は試してみることをオススメします。

「目に良い」とされる本格的なサプリメントを体験してみて、、、

私自身、緑内障と診断されて初めて目が当たり前のように見えるということは、どれほど有難いことか知ることができました。

 

緑内障は失明する原因では日本で1番と言われています。イケア製品を手がける日本アルコンが調査したアンケートでも以下のように書かれていました。

 

眼疾患の医療器機や医薬品、およびアイケア製品を手がける日本アルコンは、6月7日の「緑内障を考える日」を前に、全国の40歳以上の男女を対象に緑内障に関する意識調査(調査期間:2015年5月16日〜17日)を実施した。その結果から、健常者の緑内障に対する関心度の低さが浮き彫りとなった。

 

緑内障が日本で病気による失明原因の第1位であるという事実を「知っている」と答えた一般層は約2割(20.8%)にとどまった。「緑内障は視神経が傷つき、細くなっていく病気」、「眼圧が正常でも緑内障になる人が多い」、「点眼治療は、一生涯続ける必要がある」といった知識についても、一般層の理解不足が目立つ。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

そして、緑内障と判断された経緯を聞くと、緑内障患者に、緑内障と診断されたきっかけを聞いてみると、「定期健診で指摘された」(50.8%)が最も多かった。「自覚症状があった」(18.3%)は2割未満にとどまり、自分では気づきにくい疾患であることを示している。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

そして、緑内障患者のうち、治療を毎日継続できている人は73.3%で、継続できていない人は「ついうっかり忘れてしまう」(68.8%)

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

参照:http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/060300056/?ST=medical&P=3

 

目が見えるうちは当たり前のように思っていますが、いざ緑内障になり、失明するかもしれないと診断されたときに「見える」ことの有難さに気づくものです。

 

それがきっかけで目を労わることを初めて実感できるというのは貴重な体験ではありますが、緑内障になってしまってからでは正直遅いです。その前に予防していくことが重要です。

 

 

私は緑内障になり、目をこれ以上悪化させないために、目に良いとされるサプリメントでも、本格的に効果が期待できる成分が配合されたものを服用するようになって、その効果を実感できたので、今後は生活習慣を正すとともに、目を労わっていきたいと思っています。

 

今回、飲み比べてみた結果、効果があるな・・と実感できたのは「めなり」でした。

 

その後、「めなり」を定期購入して服用し続けて、4ヶ月目になりますが、目の疲れというか、目の機能自体は良好だと感じています。当初、「めなり」を試して1ヶ月服用してから、服用するのを止めていたんですが、服用をやめた後の方が、「めなり」の効果を実感できましたね。

 

緑内障になった!進行止める目薬とルテイン・アントシアニンサプリ

 

 

パソコン仕事をしていても、なぜか目に疲れを覚える、目がシパシパしてくる、目の奥がドーンと重く感じるのです。

 

これは、やっぱりおかしいと感じて、「めなり」を注文して服用すると、その症状は改善されたんですね。そうことから、やはり目に必要な成分を摂取していくということは意味があると感じています。

 

もし、本格的な「目に良い」とされるようなサプリメントを試したことがない人は、目薬よりも、一度サプリメントを試してみてください。 実質、そこそこ高い目薬以上の効果を感じられると思います。

 

ただ、サプリメントは会う合わないがあるので、「めなり」で効果がなければ、まったくアプローチが違う成分で構成されているものを複数試すのも良いと思います。

 

眼は非常に大事ですからね。

 

見えるのと見えにくいのとでは、全然違いますから、当サイトがあなたの一助となると幸いです。